ぜくブロ(´∀`) ホーム » スポンサー広告 » ゲームレビュー »英雄伝説 ガガーブトリロジークリア!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

英雄伝説 ガガーブトリロジークリア!  

英雄伝説ガガーブトリロジー3部作クリアしたのでその感想をまとめておきたいと思います(´∀`)
説明書や公式サイトに書かれてる以上のネタバレは無しの方向で
最初に一言で言うと、すごく面白かったです(´∀`)

ガガーブトリロジーすべての作品にいえることですが、10~15年以上前の作品なので多少古臭さはあります
白き魔女に至ってはファイナルファンタジー6より前に出たわけですから

キャラ・背景は完全な2DRPG
キャラはドット、背景は3Dで作られてますが、視点とかほとんど固定の見下ろし視点なのでSFC時代からの2DRPGとほとんど変わらないです
但し3Dで作られてるだけあってとても美しく、それがドット絵と違和感なくはまってます
2DRPGのリメイクはこうあってほしいところですねぇ( ´ω` )

グラフィックについては3部作でほとんど差がないです
他に魅力的なキャラクターと練られたシナリオが特徴ですが、戦闘システム等にはそれぞれ違いがありますので順に見ていきたいと思います
長くなりそうなので今回はガガーブトリロジー1作目、白き魔女のみで


英雄伝説 白き魔女(PC版発売時は英雄伝説3 白き魔女)
物語は3部作で最後の時代設定、他の2作から50年後の世界が舞台となります
ガガーブトリロジーの世界観は統一されてますが、世界がガガーブという広大亀裂、大蛇の背骨という山脈によって完全3つに分断され、それぞれの世界に交流がなく完全に隔離されてる状態です
白き魔女はそのうちのひとつ、ティラスイールで起こったお話です

物語はジュリオという少年とクリスという少女の幼馴染の二人が古くから村に伝わる風習に従い巡礼の旅に出るところからスタート
基本的にはふたりがのんきに旅をしながら、行く先々で起こる様々な問題を(多少ご都合主義で)解決していきながら話は進んでいきます

序盤は特に緊張感もなく少々退屈なのですが、ある程度進めていくと数十年前に自分達と同じ道のりを白き魔女と呼ばれる少女が旅をしながら、行く先々で様々な言葉を残していったことが判ります。それは時には警告であり、時には助言であり・・・
果たして白き魔女の目的は?
これが本作での最大の謎であり、実はガガーブトリロジー全体で最も重要な事柄だったりします

システム面では、戦闘はほとんどオートバトル、たまにアイテムや魔法や必殺技の使用を指示するだけです
街から街への移動も簡単なフィールドマップが少しだけある程度でとても淡白
シナリオを進める上では面倒がなくていいのですが、やりこみ要素も皆無でゲームとしては微妙です
本当にシナリオ進行の邪魔になりそうなあらゆる要素を排除した感じ
ADV・・・というといいすぎですけど、街で人に話しかけてる時間の方が長いです(*-゛-)

敵が出てくるダンジョンがないのに、なぜかラストダンジョンだけ異常に複雑で敵もわんさか出てくる高難易度
このあたりのバランスの悪さは昔のゲームだから・・・なのかもしれません

こんな感じなのでわりとすぐにクリアできると思います
しかしこのゲームはその辺の欠点を補って余りあるほどシナリオと音楽が魅力
特にエンディングは何度見ても涙腺が刺激されます
私はクリアした後ニコニコ動画等でPC版のエンディングを3回見ましたが、毎回うるうるきてしまいます(ノ´∀`*)

魅力的なシナリオですが後の作品をプレイすれば様々な伏線がちりばめられており、またやりたくなること必至です
私も時間があればもう一周してみたいとおもいます
関連記事

category: ゲームレビュー

thread: PSP

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zeku77.blog133.fc2.com/tb.php/84-25244bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。