FC2ブログ
ぜくブロ(´∀`) ホーム » スポンサー広告 » ゲーム雑記 »ぜくブロ Game of the Year 2017

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ぜくブロ Game of the Year 2017  

みなさまお待たせしましたぜくブロ今年一発目の更新ですよー(゚Д゚)

というわけで、毎年恒例のぜくブロGOTY、今年も発表します!
画像の多い記事なのでスマホの方はご注意を!
早速いってみましょう



10位 キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ

キングダムハーツのHDリマスターシリーズ、今作は3DSで発売されたKH3Dのリマスターがメインで収録された3本セットです
KH3Dの他に、スマホのキングダムハーツχをCGムービー化した映像作品、そして完全新作となるキングダム ハーツ 0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-が収録されています
注目作は当然このKH0.2になるわけですが、あくまでショートストーリーなのでボリュームとしては短いです
KHシリーズで言うとワールド一つ分といったところでしょうか?
しかし今後発売されるKH3の技術で作られていて、ハードもPS4ということでこれまでの作品に比べて格段に綺麗です
KINGDOM HEARTS HD 2_8 FINAL CHAPTER PROLOGUE_5KINGDOM HEARTS HD 2_8 FINAL CHAPTER PROLOGUE
PS4になっても相変わらず軽快なアクションは健在、ですがちょっと癖がありますね
難易度も高かったです
まぁ今回アクアを操作するゲームなのでソラを操作する3とはだいぶ感覚が違うんでしょうけど・・・
ストーリーは相変わらず面白いので早く続きとなる3を出してほしいですね
しかしすべてのストーリーを把握するのにKH1から数えて何本やらなきゃいけないんでしょうねぇ・・・
今からシリーズに入る人にとっての敷居はかなり高いと思います


10位 地球防衛軍5 

同率10位に入れておきました
根強い人気の地球防衛軍シリーズ最新作
はっきりいって今までとほとんど一緒ですけど処理落ちがなくなったり遊びやすくはなってます
たくさんの武器や乗り物があるのがいいですね
4人協力プレイはとても楽しいです
地球防衛軍5_20171217164007 地球防衛軍5_20171217160452地球防衛軍5_20171217163518
ただ、敵のHP多くて数が多いから1ステージあたりがものすごく長くて疲れます
あとダッシュがやりにくい
普通はL3ボタン押してダッシュ開始なんですけど、この作品ではL3でダッシュ開始後もずっとL3押しつづけないといけないんですよねぇ
スティック倒しながらも押し続けるのはちょっとしんどい
ここらへんは改善してほしいところです


9位 ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期

ダンガンロンパシリーズの希望ヶ峰学園を巡るストーリーがアニメの3で完結し、新たなシリーズとして作られた今作
これまでダンガンロンパシリーズの集大成と呼べるべき作品になってます
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期_20170115162340 ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期_20170115011432ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期_20170115174828
相変わらずストーリーは面白いんですが、今作もいろいろ仕掛けがあって驚きの連続
しかし結末は・・・かなり衝撃的で賛否両論でした
いつも通り一つ一つのエピソードについては丁寧に描かれてるのでダンロン好きなら楽しめると思います



8位 仁王

いわゆるダークソウルタイプの和風高難易度アクションゲームです
装備品にパラメーターの違いがあり、いわゆるハクスラ的な楽しみがあるのが大きな違いでしょうか?
史実に基づきながらも独自にアレンジがされたストーリーであり、強者は守護霊を宿しているという設定がなかなか良かったです
舞台となる妖怪はびこる戦国時代の日本も雰囲気抜群
仁王_20170212194529 仁王_20170213195747仁王_20170212210423仁王_20170213210645
アクションはダークソウルのような重い感じではありますが、こちらのほうがより俊敏に動ける感じです
ブラッドボーンに近いかもしれません
上手く動くとかなり爽快でかっこいい戦い方ができます

ダークソウルと同じくシリーズ化されそうですね


7位 LIFE Is Strange

こちらは今年発売ではないのですが今年プレイしたゲームなので
海外で高い評価を得た作品で、思春期の女の子マックスが主人公が学校やら友人やら事件やら大災害やらいろいろな問題を特殊能力で解決しようとする苦悩や葛藤も描かれた、いわゆるタイムリープ青春ADVです
Life Is Strange™_20170504195243 Life Is Strange™_20170504221102
時間を巻き戻して選択肢をやり直せるのか特徴で、決定した選択肢を元に未来が変わっていきます
作品自体もローカライズのセンスもとても良く、ストーリーもキャラクターも丁寧に作られていて良質な映画のような作品です
アメリカの学生気分が少し味わえますし、胸が苦しくなるような選択肢もあったり・・


6位 GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択

待ちに待ったGRAVITYDAZEの続編にして完結編
前作も世界観、キトゥンのキャラクター、空を落ちていくアクションなどが評価された作品でしたが、今作はPS4版ということで更にパワーアップしてゲーム性よしグラフィックよし、そしてキトゥンのキャラクターも3倍増しくらいになってます
フィールドは前作の2.5倍くらいだそうで、前作マップもありますがそれ以上に広い新マップがとても美しくバラエティ豊かで、スクショが捗りました
GRAVITY DAZE® 2_20170123230052 GRAVITY DAZE® 2_20170127234148GRAVITY DAZE® 2_2017012723290120170124_0038_489258_.jpeg
基本的にはアクションは前作を踏襲していましたが、新たに3つのスタイルに切り替えることが出来てそれぞれに技があります
軽快なアクション、重厚なアクション等、戦い方を切り替えられて面白かったです

今作はフォトモードが充実していてスクショ撮るのがとても楽しく、フォトモードを使ったお遊びなんかもあって随所に飽きさせない工夫がされてました
おまけにハクスラ要素のある宝探し的な発掘ゲームもあったりして、何もかもがパワーアップしていました

キトゥンのお話はこれで完結してしまいましたが、とても素晴らしい締め方だったと思います


5位 閃の軌跡Ⅲ 

日本ファルコムの英雄伝説シリーズの軌跡シリーズの閃の軌跡シリーズの3作目というもはやどのシリーズの何作目なのかややこしくてしょうがないこちらの作品です
空の軌跡から始まって背景や設定、登場人物のストーリーがずっと継続してる軌跡シリーズですが、今作で8作目、日本ファルコムの社長インタビューによるとシリーズ全体の6割を超えたあたり、だそうです

これまでのシリーズ作は主に携帯ゲーム機用に作られていたのでグラフィック面ではそれほど大したことがないと言われてましたが
今作は据え置き専用になったことでかなりパワーアップしています
イース8と同じく顔がちゃんとモデリングされて表情の演技ができるようになりました
これはストーリー重視の軌跡シリーズにとって本当に大きいです
英雄伝説 閃の軌跡III_20171015175815 英雄伝説 閃の軌跡III_20171017232919英雄伝説 閃の軌跡III_20171010010511英雄伝説 閃の軌跡III_20170929223730英雄伝説 閃の軌跡III_20171008224043
KHと同じく長く続く作品だけに敷居は高いですが、それだけに映画のスターウォーズのような壮大なドラマが展開してるわけです
今作は過去作プレイヤーならニヤリとできる要素が大変多く、シリーズファンの私としてはとても楽しめました
英雄伝説 閃の軌跡III_20170929160718英雄伝説 閃の軌跡III_20171005225728
シナリオも相変わらず力入ってて面白いですが・・・最後の展開は衝撃的すぎて賛否両論になってそうですねぇ

軌跡シリーズはまだまだ続きますが、エレボニア帝国のリィンが主役の閃の軌跡は次回作で完結予定
この3の続きが一体どういう展開になるのか、どんな終わり方をするのかとても楽しみ!
おそらく2018年9月発売だと思います
待ち遠しいですね!


4位 イースVIII -Lacrimosa of DANA-

日本ファルコムのイースシリーズの最新作
昨年VITA版が発売されましたが追加要素をいれてPS4でも発売されました
今作ではセルセタの樹海で好評を得た探索要素がメインになっています
漂流した無人島を探索し、漂流民を探し様々なアイテムを発見して拠点を発展し、さらに探索範囲を広げ最終的には無人島からの脱出手段を探す、というのが大まかなゲームの流れになります
探索してるうちに無人島にかつて存在した文明と触れ合い、その文明があった時代の少女ダーナと交信し、文明がなぜ滅んだかを探る展開になり、イースシリーズとしてはかなり凝ったストーリーになってます
イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170525214437 イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170529221851
確かイース7からだと思いますが、フラッシュガード・フラッシュムーブの爽快感は相変わらず健在です
これのおかげでギリギリのタイミングをつい狙っちゃいます
決まると本当に気持ちいい
イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170603124717 イースVIII -Lacrimosa of DANA-_20170528122939
いつもながらBGMは素晴らしいの一言
タイトルのメインテーマからしてとても良いのですが、今作は沢山あるフィールドすべてが違うBGMになっており、そのどれもがとても素晴らしいのです
そのおかげかサントラは全部で60曲以上
すごいボリュームです

特筆すべきはローディングの速さですね
パッケージ版ですけど昔のイースと変わらないレベルのロードの速さ
グラフィックがPS4にしては大したことないのでそのせいかもしれませんが・・・
とはいえファルコムとしては初のしっかりモデリングされた顔グラフィックといい、これまでよりグラフィック面も強化されています

海外向けAAA作品とはまた違う丁寧な作りの良作でした


3位 Horizon Zero Dawn

KILLZONEシリーズでおなじみにゲリラゲームズの新規IP、ウィッチャーやドラゴンエイジと同じタイプのオープンワールドRPGです
最大の特徴は現在の文明が滅びた世界観で、敵が機械の獣、こちらの武器もかつてのテクノロジーの遺物、という点です
グラフィックの美しさはおそらくノーティドッグと肩を並べるレベルで世界最高峰です
この作品もフォトモードが充実しているのでスクショが捗りまくります
Horizon Zero Dawn™_20170308222949 Horizon Zero Dawn™_20170315232915Horizon Zero Dawn™_20170315225547
機械の獣を様々な武器や罠を使って狩り、部品を剥ぎ取っていく戦い方がとても楽しかったです
その機械獣の造形が見事!めちゃくちゃかっこいい機械獣と戦うだけではなく、乗って広大なフィールドを駆け回れたりもします
Horizon Zero Dawn™_20170316013111 Horizon Zero Dawn™_20170316015119Horizon Zero Dawn™_20170313003940Horizon Zero Dawn™_20170308225725
そしてストーリーも、主人公が自分のルーツを探すのに伴いなぜ文明が滅びたかその時に何があったかが徐々に明らか担っていき、目が離せない展開でした

現時点で今年ナンバーワン作品ですね
まさに神ゲーでした、


2位 NieR:Automata

PS3で私が最も感動したRPG、ニーアレプリカントの続編、ニーアオートマタです
今作でももちろんシナリオを手がけるのはヨコオタロウ氏
裏切り、ドンデン返し、衝撃の真相等、さすがにふつうのシナリオは書きませんねこの人は
今作もお話は面白かったですし、キャラクターの描き方もとても良かったです
NieR_Automata_20170226211947.jpg NieR_Automata_20170225190235.jpg
今作は開発をアクションゲームが得意なプラチナゲームズが行っているので、ニーアレプリカントではいまいちと言われていたアクション部分もとても良くできてます
マップはオープンワールドですし、沢山のチップを組み合わせることでスキルや能力を自分好みにカスタマイズできるのがまた楽しいです
これもハクスラ要素ではありますが

欠点はというとヨコオ氏がSTG好きなせいかどうかはわかりませんがとにかくSTG要素が多い点ですね
私は苦手なのでちょっと面倒でした

国内だけで30万本売れて海外含めると100万本は軽く達成しているようなので、間違いなくまた続編は出そうですね
世界的にも評価され、とても素晴らしい作品だったと思います


1位 ドラゴンクエスト11

PS2で発売されたドラクエ8以来、実に13年ぶりに据え置きゲーム機で発売された国民的大作RPG最新作です
携帯機向け、MMOと続いてたので久しぶりに据え置きゲーム機向けにガッツリ作られたドラクエということで大いに期待されていましたが・・・
結論からいって、その期待に大いに応えるものでした
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170730114700 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170729173320ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170729141204ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170812013251
UE4で作られたPS4向け作品ということでグラフィックは当然ながらシリーズ随一
もちろん海外AAA作品やFF最新作なんかに比べると見劣りする面はありますが、このグラフィックで鳥山明デザインのキャラが美しいフィールドを動き回るのはそれだけでもう観ていて飽きません
キャラクターの造形はもちろん、街やフィールドがほんとに綺麗
8を始めてプレイした時に感動した、等身大のドラクエがまさにパワーアップして帰ってきた感じです
まさに正統進化

システム面ではいつものドラクエ、ですが最近続いてたテンションシステムが廃止されてゾーンという新しい要素に変わりました
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170729115735 
テンションはターンごとにコマンドでテンションを貯めていくと徐々に強くなっていったり、ハイテンションになって大技が使えたりする、というものでした
ゾーンは戦ってるうちに突然入り、パラメーターがアップして特殊な連携技が使えるようになる、というものです
このシステムだと自分で制御することはできませんが、そのかわりいつゾーンに入るかわからないのでちょっとしたギャンブル要素があって楽しいです
ゾーン状態で使える連携技も沢山の種類があって観ていて飽きませんし、強力です
ややマンネリ化したテンションに比べてなかなか面白いシステムを考えたなぁ、と思いました

今回のドラクエの魅力はなんといってもそのストーリーとキャラクターですね
ドラクエといえばFFに比べて割とオーソドックスなストーリーというイメージでしたが、今作は凝りに凝ってます
昔のFFのように、あっと驚く展開の連続でとても先が気になるお話でした
そしてキャラクターがとても良いです、シリーズ随一といっていいレベル
色物と思われてたキャラもとても魅力的でした
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170729202532 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170729220713ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170731214914
このあたりはそのうちネタバレありの詳細レビューをうpします、多分・・

過去作へのリスペクトとオマージュに満ち溢れたまさに30周年記念といえる、しかしそれだけではなくこの作品独自の魅力もふんだんに詰まったシリーズ最高傑作といえるドラゴンクエスト11
シリーズファンはもちろんすべてのRPG好きにプレイしてもらいたい傑作でした!



いかがでしたでしょうか?
昨年に負けず劣らず今年も強力なタイトル目白押しで遊ぶ時間の捻出が大変でした
嬉しい悲鳴ですねぇ( ´ω` )

ちなみに現在switchのゼルダ、スプラトゥーン、マリオオデッセイ、ゼノブレイド2をプレイ中です
まぁほぼ積んでるんですけど
こちらもそのうちクリアしてそのうちレビュー書きたいと思います

2018年も発表されてるだけでモンスターハンターワールド始め、ワンダと巨像リメイク、戦場のヴァルキュリア4、二ノ国2、キングダムハーツ3、真・三國無双8、など大型タイトルが目白押しです
ディシディアFFNTや閃の軌跡次回作、うたわれ1リメイクなんかもありますね

2016年、2017年に続いて2018年もゲーム好きにはたまらない一年になりそうで楽しみです!
それでは良いお年を!
関連記事

category: ゲーム雑記

tag: PS4  ドラゴンクエスト  軌跡  Horizon  地球防衛軍  ニーア  GRAVITYDAZE   
tb: 0   cm: 2

コメント

年明けはモンハンワールドやりますぞ!
今年もお疲れさまでしたー

通りすがりのファン第2号 #- | URL
2017/12/24 19:45 | edit

Re: タイトルなし

> 年明けはモンハンワールドやりますぞ!
> 今年もお疲れさまでしたー

是非とも(´∀`)

ぜくぅ #- | URL
2017/12/24 19:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://zeku77.blog133.fc2.com/tb.php/550-bbcad26d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。