ぜくブロ(´∀`) ホーム »AV
カテゴリー「AV」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

触って来ました、ソニー3D有機ELヘッドマウントディスプレイ&タブレット&ウォークマン  

記事が二回も消えたのでもう嫌ですが書きます(`へ´*)


今日は仕事が早く終わったので(というか休日出勤)ソニーストアに行ってきました



お目当てはこれ

ソニー3D有機ELヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110831_473691.html


製品の詳細は上記のURLを参照にしていただくとしてここでは私の個人的な感想を書きます

まず装着感
額にパッドを当てて後頭部をバンドで調節する形ですが、それほど重さを感じることもなく、ズレ落ちてくることもなかったです
もっと手で支えないといけないと思ってましたが、終始手はテーブルの上でした

視聴が始まって最初に感じたのは思ったより大画面感がないな、ということです
目の前に小さな画面がある感じでちょっと拍子抜け
しかししばらく視聴を続けると、段々遠くに大画面があるような感じがしてきます
映画館で真ん中くらいの席に座ってスクリーンを眺めてる感じですかね?

一番驚いたのが3D立体視です
私は3DSといい3D液晶テレビといい、書き割りのように感じられてあまり立体的に感じることができなかったのです
ですが、この製品はかなり自然に立体を感じることができました
手前があって奥ががある、て感じじゃなくて手前から奥に向かって自然に広がっていく感じ
視聴したのはスパイダーマンのトレイラーでしたが、一人称視点でビルの屋上から下に落下していくシーンは本当にゾッとしました
相当な没入感です

ゲームは並んでたのでやりませんでしたが、意外と左右や下に隙間があるのでコントローラーや周囲の状況を把握することはできそうですね
ゲームに向いてるかどうかはわかりませんが

この商品かなり欲しくなりましたが、将来的にはさらなる大画面化やフルHD化も見込まれると思います
あまり大画面化しても画面の端が見難くなってしまうとは思いますが
しかしかなり期待できる製品だと思います
いつか手に入れたいですねぇ( ´ω` )



次に触ったのが

Android「Sony Tablet」Pシリーズ&Sシリーズ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110901_473904.html


私はスマートフォンすらほとんど扱ったことがないので使い方がいまいちわかってませんが、とりあえずはネットサーフィンや画像・動画が見れる簡易PCという感じですかね
そういう認識で扱ってみました

PシリーズはDSのように二画面、閉じるとコンパクトになるので持ち運びに便利です
ネットサーフィンの際は下画面がソフトウェアキーボードになったりします
Sシリーズは9.4型の大画面ディスプレイを装備
どちらもデザインは素敵です( ´ω` )

両方触ってみた感想としては私はSシリーズの方が好印象でした
二画面というのも画期的ですが、DSとかもそうですけど枠が邪魔なんですよね
Sシリーズは大画面なので画面の半分をキーボードとして使えますし
別売りの専用キーボードと合わせて使えばデスクトップPCのような使い方もできるようです
タブレットキーボード

このあたりは個人の好みだと思いますが、どちらもタッチパネルの感度がよく、ネットサーフィンも動画視聴も快適でした
こういうのにこれまでは興味なかったのに、触ってみると俄然興味が湧いてきました

ネットサーフィンする程度ならわざわざうるさくて起動の遅いPCを立ち上げる必要もないですし
何よりかっこいいですし( ´ω` )

かなり物欲を刺激される逸品でした



最後に触っ・・・てはないのですがウォークマンを眺めてました
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201109/11-0913B/
こちらもデザインがいいですねぇ( ´ω` )

Zシリーズは最上位機種のAndroidOSを採用したウォークマン
ipod touchみたいなもんですかね
各種Androidアプリが使えたりもするのかもしれませんが、iphone以上の大きさとバッテリーの持ちの悪さがちょっといまいちです

続いて上位機種Aシリーズ
こちらはタッチパネル採用で音質を強化して音に拘ったウォークマンです

そしてSシリーズ
以前からのボタン操作ですが、デザインは非常にいいです

バッテリーの持ちと見た目的にはSシリーズが好みですが、せっかくウォークマンを選ぶならやはり音質に拘りたいですね
というわけで買うならAシリーズですかねぇ( ´ω` )


ただ、電車で通勤することがほとんどないのであまり活躍の場面がないのが困り者(-ω- ;)
でも欲しいですねぇ・・・



ソニーストアで最新のソニー製品の美しさ、完成度に触れると物欲が爆発してしまいますねぇ(´・ω・`)
そういえば最新のサラウンドヘッドフォンを体験するのを忘れてましたのでまたその内行こうとおもいます
スポンサーサイト

category: AV

thread: AV機器・家電製品

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

ソニーの3D有機ELヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T1」  

久しぶりのAVカテゴリの記事です

今年の1月、ソニーが世界最大の家電見本市「CES」で展示されたソニーの3D有機ELヘッドマウントディスプレイ試作機
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20110108_418919.html
画質や3D感の点ではかなり好評だったものの、有機ELパネルを両目用に装備してることもあり、かなり高価になるのでは?と思われてました

それからわずか半年あまり、早くも製品化決定です
その名も「HMZ-T1」です
3DHMDsony.jpg

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201108/11-0831/
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110831_473691.html

見た目はなかなかかっこいいですね
但しこれを装着したところはお世辞にもカッコイイとはいえませんが・・・(;^ω^)
使用感のレビューについてはこちら
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/avt/20110831_474056.html

スペックは1280×720
フルHDでないのが残念ですが、750インチのスクリーンを20mの距離から視聴したような大画面が楽しめるそうです
加えて有機ELの発色です
・・・まぁ試作機を体験した方の感想ではそこまでの大画面感は感じないそうですけど、それでもなかなかの迫力と、その辺の3Dテレビでは味わえない3D感だったそうです

もちろんHDMI入力を備えてるのでPS3やBDプレイヤーとも接続可能
サラウンドヘッドフォンが内蔵されていて、HDMI経由でリニアPCM5.1chの再生に対応してるそうです
つまり、PS3等でHDオーディオコーデック音声をリニアPCMにデコードして出力すればHDオーディオを堪能できるというわけです

なかなか魅力的なこの製品、お値段はなんと6万円
11月発売ですが、既に予約の実売は5万円切ってるお店も!

将来的には更に軽量化されていたりフルHD化されていたりする製品も出てくるんでしょうけどね
そんなに高くないので、とりあえずこれを一つ自分用に買っておくのもありかもしれません

category: AV

thread: AV機器・家電製品

janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

PlayStationVitaあれこれ(メモリーカードとかメディアプレイヤー視点で)  

vita.jpg

昨日価格も発表されたPlayStationVita!!
公式サイトもオープンしました!
http://www.jp.playstation.com/psvita/

いろいろな情報サイトを見ると、国内では年内に発売され、海外では来年にずれ込む可能性があるそうです
まぁ携帯機は日本で特に売れますから、日本を重視するのは間違った戦略ではないですな、というか私は単純に嬉しいです(´∀`)

昨日のSCE発表会ではwi-fiモデルが24800円、GPSも内蔵した3G&wi-fiモデルが29800円と、かなり戦略的な価格が発表されましたが、謎なのが外部メモリーカードの種類です
しかし今日、公式ではないですがその画像がお披露目されました
左側の画像がメモリーカードの画像、右側の画像がゲームカードとメモリーカードをケースに収納した画像です
playstation-vita-20110607104811904.jpg playstation-vita-20110607104817904.jpg

これを見る限り、メモリーカードはメモリースティックmicroに似てる気はするのですが、微妙に違うようにも見えます
メモステ
某掲示板ではVITA専用のカードになるという噂もありましたが・・・どうなんでしょう?
それだと割れ対策にはいいのかもしれませんが、高くなりそう(-"-*)
詳報待ちですねぇ( ´ω` )



一方メディアプレイヤーとしての機能に目を向けると、公式サイトのスペックにもあるように音楽再生はMP3 MPEG-1/2 Audio Layer 3、MP4 (MPEG-4 AAC)、WAVE (Linear PCM)のみとなってます
このまま受け取ると、ロスレスどころか、ATRAC自体をサポートしないということになります
私は音楽データをATRACロスレスで保存してるので(可逆圧縮なので戻せますが)できればATRACはサポートしてほしいですねぇ、ソニー製品なんですから

しかし動画の方は、MPEG-4 Simple Profile (AAC)、H.264/MPEG-4 AVC Hi/Main/Baseline Profile (AAC)とかなり豪華
もしかしたらHDカムで撮影したHD動画をそのままVITAで再生ということも可能かもしれません
メモステDUOはサポートしてなさそうなのでそのまま挿せば再生可能、とはいきませんけど
アップデート次第ですが、トルネからのエンコードの幅も広がりそうですね

まぁVITAで音楽聞くことはあまりないかもですので、動画再生の方に力を入れてくれるのはありがたいことかもです

採用してる無線規格もいろいろ豊富なので、PS3やPCと無線接続で簡単に同期できたりすると使い勝手がよさそうです
夢が広がりますねぇ( ´ω` )

category: AV

thread: 新作ゲーム

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 2

2011.04.03 ~PS3ユーザーにおすすめのスピーカーHT-FS3のレビュー  

昨年、PS3ユーザーにおすすめできるスピーカーとして紹介したSONYのHT-FS3
紹介だけしておきながらなかなか買えなかったのですが、今回ようやく手に入れることができましたのでその感想を書きたいと思います
ほとんど初めてのサラウンド体験ですので稚拙ですがご容赦ください


配送されてきて最初の感想がデカッ!おもっ!です
とにかく梱包の箱が大きいし、重い
wkwkしながら箱を開けると、ドデカいサブウーファーが!
正直この大きさは予想外でした
画像でみた印象ではもう少し小型を想像してましたけど、価格から想像もつかないほどしっかりとした作りで・・・

設置場所にかなり悩みました(・ω・`;)
新型PS3、旧型PS3と比較
DSC00286.jpg
埃っぽい部屋な上にこたつ布団まで映ってて恥ずかしい><


接続はPS3からHDMIで入力、そして液晶モニターに出力
DSC00291.jpg

さて肝心の音ですが・・・
なかなか良いです(´・ω・`)b
といってもこれまでサラウンドスピーカーを使った経験がほとんどなかったので比較はできませんが、この価格でこの音質、迫力なら満足じゃないでしょうか?
以前ヤマハの反射型サラウンドシステムを使ったことがありますが、部屋の形的にあまりサラウンド効果を得ることができなかったのですが、この製品だとスピーカーとリスニングポイントが割と近い私の部屋でもちゃんとサラウンドしてます
後方から前方にかけてヘリコプターが飛んで来たり、5.1chの音場がちゃんとできてるって感じです
ちなみにこのスピーカーは7.1chまで対応してます
S-Force PROフロントサラウンドの恩恵なんでしょうけど、これにはびっくりですね
前にしかスピーカーがないのに、音を反射させてるわけでもないのになぜ後ろから音が聞こえるのか不思議です

フルデジタルアンプ「S-Master」を搭載してるおかげか、ステレオソースの音楽もなかなか高音質で楽しめます
映画だけでなくゲームをプレイしていても、たとえばFPSをやってると横や後ろから足音が聞こえてきたり・・・
ゲーム性まで変わる感じですねぇ( ´ω` )

ソースによって、たとえばCINEMA、DRAMA、GAMEといったサウンドフィールドをリモコンで選ぶことによって簡単に最適な設定を選べるのも初心者にはうれしいです

私はこれを3年保障つけて18000円くらいで手に入れましたが、お値段以上の優れものだと思います
買ってよかったです(´∀`)

ただ、前述のとおりかなりの大きさなので設置場所は考えないとだめですね
設置場所がない場合はCECH-ZVS1もかなり評判いいようですのでこちらをおすすめします

テレビのスピーカーでしかPS3のゲームをしたことがない、BD・DVDを見たことがないという方は是非導入してみてください
きっと世界が変わります!

category: AV

thread: AV機器・家電製品

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

フルHD液晶モニター MITSUBISHI RDT232WX レビュー  

過去に紹介してようやく購入しました、液晶モニターMITSUBISHI RDT232WXの感想です

これまでは1366×768の小型標準ハイビジョン液晶テレビをモニター代わりに使ってましたので、23型と大型なうえにPC専用のモニター、しかもフルHDと、一気にPC環境が豊かになりました(´∀`)

映像の感想は、はっきりくっきり!これに限りますね
これまでの環境に比べて画面が大きくなり、標準ハイビジョンだったのがフルハイビジョンに変わったのが大きいですけど、設定できる項目の多さも魅力
もちろん細かい設定なんてしなくても、用途に合わせてプリセットされてる静止画(スタンダード、Ⅳテキスト、フォト、sRGB)動画(TV,シネマ)から選べば簡単に最適な画質が得られます

静止画モードで動画見ても特に問題ないですが、動画モードではテキストが見難くなります
でも動画は動画モードで見る方が色が綺麗にみえますねぇ

私の場合、PS3もつなげますのでPCでネットサーフィンやワードやエクセルを使うときは静止画(スタンダード)、PS3でゲームをするときやBDを見る時は動画(シネマ)、トルネで番組を見る時は動画(TV)
と使い分けてます
もちろん、PC用チューナーでテレビ番組を見る時も動画(TV)です
液晶テレビで見るとの遜色のない画質で視聴できます
IPSパネルなので視野角も広く快適!

さらに便利なのが付属のリモコンです
先述の最適画質選択はこれで簡単にできます
テレビと同じく電源をリモコンでオンオフできるのがいいですね
もちろんPC-HDMIの切り替えもリモコンで簡単にできます
小さくて薄いカードタイプなので邪魔になりませんし

欠点は、HDMIに切り替えると映るまでに5秒くらいかかることくらいですかね・・・

背面はこんな感じです
画像向かって下部左側が電源、下部右側と右側面に入力端子がいろいろ付いてます
DSC00281.jpg

これが側面の入力部
DSC00282.jpg

そしてこちらが下側の入力部です
主にPC関連の入力がここに集まってます
DSC00283.jpg

HDMIが二つついてるのでPS3やBDレコといった家電機器を接続できますし、PCに関してもDVI-D端子でのデジタル接続やD-SUBでのアナログ接続も可能なのでどんなPCでも使えます
D端子もついてるのでちょっと前のAV機器も使えると思います

ちなみにスピーカー内蔵ですのでPCはコンセントまわりすっきりさせたくてこちらにつないでますが、音はチープです(・ω・`;)
まぁこれはしょうがないですね

このモニターでPS3のゲームをやると、これまで見えなかった部分まではっきり見えて画質が思いっきり上がったような気がします
逆に言うとこれまで神グラとおもってたゲームの粗も見えてしまうのですが

このモニターで今ヘビーレインを開始したのですが、すんごく綺麗です
これからもグラフィックにこだわった作品出てくるでしょうし、楽しみです!

category: AV

thread: AV機器・家電製品

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。